最近ではジェネリック医薬品がかなり増えていると思います。ED治療薬でジェネリックだと純正品に比べかなり安く購入することができます。また、その時の状況において使えるジェネリック医薬品もあるので色々と試してみるとよろしいです。

日本製プロペシアジェネリックのフィナステリド錠とは

AGA治療薬プロペシアは、1990年代にアメリカで開発された抗男性ホルモン剤フィナステリドの1㎎錠で、1年間の臨床試験を経て2,015年の10月に厚生労働省に認可されています。ちなみに、臨床試験では軽度改善以上が58%、不変以上が98%に認められています。さらに、これに引き続いて行われた3年間のオープン試験では、軽度改善以上の割合が78%にまで高くなっています。これは、従来の育毛剤とは明らかに違う効果で、プロペシアは夢の内服薬として広く知られることになります。

なお、プロペシアの唯一の弱点は、健康保険が適用されないということです。これは、適応症のAGAは身体的な健康に悪影響を及ぼす疾患ではなく、基本的には生理的な現象にすぎないからです。このために、これを改善するための治療は美容目的と認識されるので、保険適応の対象からは外れてしまうことになり、費用は全て実費となります。ちなみに、クリニックにより様々ですが、平均的な相場は7,000円~8,000円といったところです。

このようなプロペシアの弱点を補う存在として2,015年に登場したのが、日本製プロペシアジェネリック第一号のフィナステリド錠ファイザーです。費用は1か月分で4,000円~5,000円といったところで、プロペシアよりも若干低めの金額で購入することが出来ます。

ちなみに、製造方法や添加物には違いがあるので、全ての面でプロペシアと一緒というわけではありません。ただし、主成分による作用が同レベルであることが、クロスオーバー法による生物学的同等性試験により確認されており、AGAに対してはプロペシアと同様の効果を期待することが出来ます。

ED薬のジェネリックについて