最近ではジェネリック医薬品がかなり増えていると思います。ED治療薬でジェネリックだと純正品に比べかなり安く購入することができます。また、その時の状況において使えるジェネリック医薬品もあるので色々と試してみるとよろしいです。

日本で発売されているED薬のジェネリック

EDに効くジェネリック医薬品1998年にアメリカで販売が開始されたバイアグラは、瞬く間に全世界で爆発的な話題を集めることになり、夢の治療薬として目がトン級のヒットを記録することになりました。
日本でも臨床試験を実施しない異例のスピード審査により、1999年の3月から国内の医療機関で処方されるようになっています。
なお、それから15年が経過した2,014年にバイアグラとしての成分特許は切れたために、シルデナフィルを配合したバイアグラのジェネリック医薬品の販売が国内でも可能になっています。
ちなみに初めて登場したバイアグラジェネリックは、水なしで飲めるOD錠で、レモン風味とコーヒー風味の2種類を販売するというユニークな内容です。
以降、10社以上からジェネリックが提供されており、内容は非常に多様です。
ただし、主成分はいずれもバイアグラと同様で、PDE-5という加水分解酵素の活性を阻害するという作用を発揮します。
これにより、陰茎周辺部の一酸化炭素作動性神経に作用して血管を拡張し、血流の量が増加することにより、性的な刺激をきっかけとして勃起可能な状態となります。
この作用は、5時間から6時間持続するので、理論的には複数回以上のプレイをこなすことも可能です。
ただし、食事による影響を受けやすいという弱点があるので、空腹時に使用しなければならず、身体への負担はかなり大きなものとなります。
なお、元々は狭心症を改善するために研究されていた治療薬で、服用すると血圧は急激に低下します。
このために、著しい低血圧や高血圧の人、心臓に疾患のある人の服用は禁止されています。
また、顔のほてりや目の充血などの副作用が90%の割合で生じることが確認されています。

ED薬のジェネリックの種類と価格

ED薬にかかるお金ED治療薬には様々なものがあり、その中でも有名なのはバイアグラです。
その他にもレビトラやシアリスなどのED治療薬もあり、その効果は有効だとされています。
ただ、それらのED治療薬は先発医薬品でもあることから非常に効果であり、ED改善効果は期待できるとしても継続して服用していくのには経済的に厳しいという人は少なくありません。
そのため、少しでも安くED治療薬を購入したいという人はED薬のジェネリック医薬品を使用する人もいます。
ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の有効成分の特許が切れたものを使用して他の性薬品会社が製造した医薬品のことで後発医薬品とも呼ばれています。
先発医薬品は、その薬を開発するための経費がたくさんかかっていることから、その費用を回収するためにも経費分を薬の値段に含めて販売しているのですが、ジェネリック医薬品の場合はその経費分の費用の負担がないために比較的安く購入できると言えます。
ED薬のジェネリック医薬品の種類としては、カマグラ・カマグラゴールドやバリフ、カベルタや女性専用のレディ蔵などがあるとされており、その価格としては先発医薬品のバイアグラやレビトラなどが1錠で1000円以上するのに対し、ジェネリック医薬品は安いものでは1錠150円台~400円前後で済むとされています。
これだけ安ければ継続して服用することは難しくないと言えますので、利用する人が多いのもうなずけます。
加えて、カマグラゴールドの通販などを使えば薬代だけで済むのでさらに安く手に入れることができると言えます。
ただ、その場合には購入するサイトが信頼できるものであるかを十分に考慮した上で購入しないと、粗悪品や偽物をつかまされる可能性もありますので注意しましょう。
上手にかつよくして、快適な性生活を送れるように努めてみてはいかがでしょうか。

ED薬のジェネリックの購入方法

ジェネリック医薬品を通販で買う男性ED薬は日本のみならず世界的にも人気が高い医薬品ですが、日本で購入する場合は保険適用外となるために保険が適用される医薬品と比べて金銭的な負担がかなり大きくなってしまいます。
だからこそ安くED治療薬を手に入れたいと考える人達の間で人気となっているのがジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品というのは後発薬の事であり、すでに出ている薬と同一の成分を用いて作られる薬であり、研究開発コストを大きく減らす事が出来るので先発薬よりもかなり安い値段で手に入れる事が出来ます。
ただ、ED薬はまだ特許が有効であるものも存在し、日本でジェネリックを手に入れようとする場合はその中の一部の製品のジェネリックしか手に入れる事が出来ないです。
ED薬には相性などの問題もあり、日本ではジェネリックが販売されていない薬を手に入れたいという場合もあります。
そのような場合にジェネリックを手に入れる方法としては海外からの個人輸入があります。
先ほど一部を除いて特許が有効であると説明しましたが、インドでは諸事情で特許が有効な医薬品のジェネリックも販売されていて、それらならばかなり安い値段で手に入れる事が出来るのです。
個人輸入と言っても普通はどうやって輸入したらよいのか手続きが分からなかったり、言葉の問題もあって敷居が高いです。
しかし、その点についてはそれほど心配をする必要はないです。
個人輸入の代行業者が行っている通販サイトを利用すれば、日本の通販とほとんど同じ感覚でED薬のジェネリックを購入する事が出来るようになっているからです。
ただ、一つ注意しておいてほしい事もあります。
それは海外からの輸入ではトラブルも多いので、きちんと信頼できる業者を利用するべきです。

ED薬のジェネリックについて